• HOME
  • リフォーム用語集

リフォーム用語集

リフォームする際に知っておきたい用語集をまとめました。
リフォームしようと情報を集め始めてみると、建築用語や法律用語など、専門用語がたくさんあって戸惑いますよね。
また、リフォーム会社と話を進めたけれど、用語の意味を勘違いしていたために、要望とは違うプランがあがってきてしまった…などという事態は避けたいもの。
わからない言葉はここで調べて、リフォームをスムーズに進めましょう。

あ行

【IHクッキングヒーター】

ガスや火を使用せず、電力のみで動作するコンロ型の調理器。内部に配置されるコイルに流れる電流により、所定の種類の金属製の調理器具を自己発熱させる、加熱のための器具である。安全性と掃除のしやすさが人気。

【アイランドキッチン】

キッチン設備を壁面ではなく、部屋の中に独立して配置するタイプのキッチン。

【石綿】

アスベストと同義である。耐久性、耐熱性などに優れていて安価であったため建設素材として重宝されていたが人体への悪影響から現在は使用を禁止されている。

【イニシャルコスト】

初期費用のことで、設計料や建築工事費を指す。工事が終わった後で発生する維持費や運転・修理費は含まれない。

【ウォシュレット】

温水洗浄便座のことである

【ウォークインクローゼット】

人が出入りできる程度の広さがある収納スペースのこと。衣類、バッグなどを収納する為の収納スペース。

【エクステリア】

住宅の外回りの設備のこと。一般的には門扉・塀・物置・カーポート・フェンスが該当する。

【エコキュート】

正式名は「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」。空気の熱によって湯を沸かす給湯システムの名称である。省エネ効果があり経済的で、フロンを使用しないため環境にもやさしい。

【オープンキッチン】

リビングとダイニングがひとつになっている部屋にキッチンを設置する形式。コミュニケーションが取りやすい一方、臭いも伝わりやすい。

【オール電化】

調理・給湯・空調などの生活上に必要な機能を全て電気でまかなうこと。

か行

【介護リフォーム】

介護される人、介護する人が快適に生活できるよう間取り、設備をリフォームすること。風呂・トイレの移設や段差解消、手すりの取り付けなど。保険制度により補助金を受け取れる場合もある。

【カウンターキッチン】

キッチンとリビングダイニングとの間にカウンターを配置したキッチン。台所仕事をしながらリビングダイニングともコミュニケーションが取れる。

【キッチンパネル】

コンロ周辺の壁に貼るパネルのこと。タイルと違って手入れしやすいことを理由にホーロー、ステンレス、アルミが好まれる。

【キャットウォーク】

ペットの猫用に設置した専用スペースや通り道のこと。猫が高いところを好むことから点検用の高所に設けた狭い通路を指すこともある。

【クラック】

収縮、膨張、振動などの原因から壁、床、天井に生じるひび割れ、亀裂のこと。

【クロス】

壁、天井に貼る壁紙、内装材のこと。シックハウス対策やペット向け壁紙だけでなく、様々な種類がある。

【珪藻土】

藻類の一つである「珪藻」の殻の化石で構築された堆積物のこと。シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを吸着・分解、アトピーの原因となるカビやダニを寄せ付けない壁の素材として人気。

【結露】

空気中の水蒸気が凝縮して水滴になる現象のこと。窓ガラスに起きやすいので断熱サッシや断熱材の使用が有効。

【抗菌加工】

表面に付着した細菌の増殖を抑えるための加工を指す。機器、壁紙、床など対象は幅広い。

【工務店】

地場産業で主に一戸建て等の住宅を建てる建築専門の建設業を特に工務店と呼ぶ。

さ行

【サイディング】

建物の外壁に使用する板材のこと。汚れにくい、手入れが楽なものや耐久性、防火性に優れたものが増えている。

【サニタリー】

トイレ、浴室、洗面所などのキッチン以外の水まわり設備をもつ部屋の総称。

【システムキッチン】

流し台、コンロ、収納(調理道具・調味料・食器)などを設置場所の面積、形状に合わせて組み合わせることができる台所設備のこと。

【システムバス】

浴室に必要な浴槽・洗い場・換気扇などの機能が全て組み込まれてシステム化されているもの。浴室乾燥機やミストサウナなどの機能も付けられる。

【スカイバルコニー】

屋上の意。屋上をバルコニーとして機能させることを指し、陸屋根の家屋を対象とする。

【スケルトンリフォーム】

建物の構造部分である基礎、柱、梁、天井などをそのまま骨組み部分として残し、内装を替えるリフォームのこと。

【セルロースファイバー】

天然の木質繊維のこと。繊維が絡み合って出来ているので熱・音を遮断し、吸放湿性をもつので適度な湿度を保つ。

【ゼロホルマリン】

シックハウス症候群を防ぐ目的で作られた方策。原因となる有害物質のホルムアルデヒドを含まない資材、塗料、接着剤、家具などを「ゼロホルマリン製品」と呼ぶ。

【ソーラーシステム】

太陽熱を利用して冷暖房や給湯を行う設備のこと。アクティブソーラー型とパッシブソーラー型がある。

【ソーラーパネル】

太陽光発電に利用するためのパネル。電池や電線を必要としないので庭園灯や街路灯などに用いられる。

た行

【耐震】

地震に対して損傷を被らないようにすること。制震や免震とは別で構造そのものの強度を向上させて損壊を防ぐ。

【太陽光発電】

太陽光を電力に変換する発電方式のこと。太陽電池を利用し太陽光のエネルギーを電力に変換する。屋根と一体化したものも発売されている。

【蓄光塗料】

太陽光などの光エネルギーを吸収し、暗くなってから光を放出する材料の事。最近のものは安全性、安定性に優れており半永久的に発光を繰り返す。

【蓄熱暖房】

深夜電力で蓄熱し、昼間放熱して暖房を行う暖房機のこと。

【ツーバイフォー工法】

枠組壁工法とも呼ばれることがある。北米で生まれた工法で2インチ×4インチの断面の部材を多く使うことからツーバイフォー工法と呼ばれる。耐久性・耐震性・断熱性・防音性に優れるため、近年人気の工法。

【吊り天井】

吊り木で竿縁を吊り、天井板を上に張った天井の事。鉄骨造やRC造の建築物にも使用される手法。上の階の床と下の階の天井との間に空間を設けることで遮音性を生みプライバシーに配慮できる。

【鉄筋コンクリート】

引っ張られる力に弱いコンクリートを鉄筋で補強した構造のこと。耐久性・強度に優れる。

【天窓】

採光のために屋根の一部に設けた窓のこと。スカイライト・トップライト・ルーフウィンドウとも呼ばれる。通常の窓に比べ3倍程度効率的に光を取り込める。

【トイレリフォーム】

トイレに工事を施すこと。和式から洋式に便器を替えたり、給水管や排水管の位置を変更、床や壁の張り替えなどをいう。

【飛石】

茶庭、書院庭に見られる園路石のこと。自然石を使用し景観にアクセントをつける。敷石とは別。

な行

【生ゴミ処理機】

生ゴミなどの有機物を処理する家電製品の事。バイオ式生ゴミ処理機と乾燥式生ゴミ処理機がある。

【納戸】

住宅において普段使用しない衣類や家具・調度品などを収納するための空間。建築基準法で「居室」の基準に適合しないものを言う。サービスルーム、スペアルーム、多目的ルーム、フリールームと表示してある場合も納戸と同義。

【二重窓】

室内の防寒・防音のために、外窓と内窓を設けた二重構造の窓を二重窓という。2つの窓の中間に空気層ができ、断熱・防音効果が高まる。窓ガラスそのものを二重に重ねたものは「複層ガラス」といい、二重窓とは別。

【二世帯住宅】

親世帯と子供世帯が住宅を改装改築することで快適に暮らせるようにするリフォームのこと。全てを分離している完全同居にする場合や部屋によって共有する部分同居にする場合がある。

【塗り壁】

自然素材を塗って仕上げた壁のこと。人にも環境にも優しい一方、工期は長くなりメンテナンスが大変という側面もある。

【濡れ縁】

雨ざらしの縁側のこと。風雨を防ぐ壁などがなく、雨に濡れてしまうのでこの呼び名がある。

【根太】

木造住宅の床を作る際に床板の下に用いる横架材のこと。床板を支えるために設置される。

【熱絶縁工事】

設備や配管に対して熱絶縁を施す工事のこと。目的に合わせて保温や保冷のための工事を行う。

【軒】

外壁より建物の外部に張り出した屋根の先端までの部分。風や雨、日射しをよけ外壁を保護する。

【延床面積】

建築物の各階の床面積の合計のこと。用途地域による用途制限で建てることのできる延床面積の限度が決められている。

は行

【パウダールーム】

主に女性用の化粧室・洗面所のこと。脱衣所と洗面所を分けるものや、トイレスペースを広くとり内部に化粧スペースを取り入れるようにしたものがある。

【バリアフリー】

子供から高齢者まで不自由を感じずに利用できるということ。段差をなくす高低差処理や手すりの設置など行動様式に合わせて施すのがバリアフリーリフォーム。

【光触媒】

光を吸収することにより触媒作用を示す物質の総称。脱臭、抗菌効果があるので外装、内装に資材や建材が使用されている。

【ヒートポンプ】

熱を吸収・放出させることで冷暖房する空調方式のこと。夏は屋内から屋外へ、冬は屋外から屋内へ熱を運ぶ。

【吹抜け】

建物の内部で、天井がなく、上下階を貫いてひと続きにしてある構造のこと。空間の広がりを感じるためには最も有効的な方法である。

【フローリング】

二階以上にわたり上下の空間が連続している部分のこと。玄関、リビング、階段部に設けることが多く、上下階間でコミュニケーションを図ることができるようになる。

【ペットリフォーム】

飼い主家族とペットが快適に生活できるように施すリフォーム工事のこと。キャットウォークの設置や防音防臭対策などがある。

【ベランダ】

バルコニーと混同されがちだが、屋根などで覆われているものがベランダ、手すり、壁のみで屋根がないものがバルコニーである。

【ホームサウナ】

家庭に設置でき気軽に楽しめるサウナのこと。

【ホルムアルデヒド】

シックハウス症候群の原因のひとつとされていて、2003年以降は法規制により使用が制限されている。接着剤や塗料に含まれ建材に用いられていてこれが空中に飛散したものを吸い込むとアレルギーを起こす危険性がある。

ま行

【窓用換気扇】

窓に取り付ける換気扇のこと。キッチン用、リビング用や壁に穴を開けられない部屋に用いられる。

【廻縁(まわりぶち・まわりえん)】

天井と壁が接する部分に取り付ける棒状の部材のこと。「見切り縁」とか「天井回り縁」と呼ばれることもある。

【ミストサウナ】

お湯をミスト(霧状)にして放出するサウナのこと。低温でも通常のサウナと同等の効果があると言われ、低温であるがゆえに身体への負担が軽いなどのメリットもある。

【ミニキッチン】

シンク、コンロ、換気扇等が間口1.2m~1.8mの間に組み込まれているキッチンのこと。ワンルームマンションでよく見られるもの。

【無垢材】

一本の原木から角材・板を必要な寸法に切り出したもの。木の質感だけでなく化学物質を含まないことも魅力の一つ。伸縮するという性質があるが、これは湿気を吸収・放出するためである。

【無添加リフォーム】

天然素材を使用したり、加工に化学物質を使用していないものを使用して行うリフォームのこと。化学物質のなかにはシックハウス症候群に繋がるものもあるため、健康被害のリスクを防ぐ目的で行われることが多い。

【メゾネット】

住戸形式の一つ。住戸内が2階層以上で構成され、住居内の階段で結ばれている。ある程度の床面積がないと、この形式はとりにくい。

【免震構造】

地震などの振動による揺れを建物に直接伝わらないよう、工夫された構造のこと。

【木造軸組工法】

日本古来の伝統工法に近代の考え方を取り入れた建築工法のこと。間取りの自由度が高く木造住宅の主流を占めている工法。

【モルタル】

セメント・砂・水を加え、練り混ぜたもの。耐火性を買われ広く使用されているが、乾燥による収縮亀裂が入りやすい面もある。

や行

【屋根裏換気システム】

屋根裏に溜まった湿気を換気するためのシステム。自然換気のものから屋根裏に換気扇を設置するものまで様々なタイプがある。

【屋根断熱】

一口に屋根断熱といっても外張り断熱、天井断熱、屋根断熱といくつかタイプがあり、それぞれメリットデメリットを持ち合わせている。

【床暖房】

温水循環、電気発熱などで床を加熱し、床からの輻射熱によって部屋を暖める方式のこと。燃焼機器を置かないため空気を汚さずホコリも舞い上がらない一方、設備投資は割高になる。

【ユニットバス】

マンションなどで一般的な、浴室・トイレ・洗面台が一緒になっているもの。最近では浴室乾燥機を組み込んだものやバリアフリー対応型のものなどもある。

【浴室乾燥機】

浴室に取り付けられる設備で、雨天時や花粉の季節に室内で洗濯物を乾かすのに便利。湿気を取り去ることができるのでカビが発生しにくくなる。

【浴室暖房】

浴室に取り付けられる設備で、乾燥機能付きの物やミストサウナ機能付きの物もある。冬場の入浴前に暖房として使用するだけでなく、夏場はのぼせ防止のため送風機能が使われる。

ら行

【ラバトリー】

洗面所、トイレ、化粧室のこと。

【ランニングコスト】

建物や設備の日常維持管理にかかる費用。対して初期の施工費や投資費用をイニシャルコストという。

【リノベーション】

リフォームよりも大規模な改修工事を施し、性能の向上や資産価値を高めることを目的とする。

【リノリュウム】

建材の一種で天然素材から製造されるもの。製造に時間がかかるので他の素材に替えられるもシックハウス症候群対策で再度注目されている。

【ルーフウィンドウ】

屋根に設置した天窓のこと。通常の窓と比較して3倍程度明るくなるといわれている。

【ルーフバルコニー】

下の階の屋根部分を利用したバルコニーのこと。外壁から張り出すタイプのバルコニーに比べスペースを広くとることができる場合が多い。

【レインシャット】

外壁塗料材のこと。安全性だけでなく撥水性と通気性に優れているので土台を湿気から守る。

【レンジフード】

キッチンのコンロに設置する排気設備のこと。調理の際に出る煙、臭いを排出する。

【ロフト】

天井を高くして、部屋の一部を二層式にした上部スペースのこと。収納や寝室として活用される。

【ロールスクリーン】

上下にスクリーンを巻き取り開閉するブラインドのこと。カーテンと同様に使用したり、部屋と部屋の間仕切りをして使用される。

わ行

【ワークトップ】

キッチンの作業台の天板のこと。カウンタートップとも呼ばれる。

【ワードローブ】

住宅関連では衣装戸棚や洋服箪笥を指す。

  • HOME
  • リフォーム用語集
家'ス コンシェルとは、お客さまが安心し、ご満足のいくリフォームが出来るよう全力でサポートさせていただくリフォームコンシェルジュサービスです。
イエスリフォーム齋藤直樹
Arrow_up